>

法科大学院に必要な学費

法科大学院の学費。

法科大学院はいわば、法曹を目指す方がたにプロフェッショナルな知識を教える専門大学院です。

それだけに、学習する環境は整備されていて、教える教員も実際の経験を積んだ弁護士の方や検察官の方が担当されているようで、非常に充実しているそうです。
(また多くの大学院で少人数教育を導入している)

したがって、学費は少し高めですが、それだけ十分な学びが出来る環境であると言えるでしょう。
国立の法科大学院の授業料は年間80万4000円だそうです。
私立の法科大学院の学費は少し幅があって、安いところで50万円代から高いところで、170万円以上と、高額なところもあります。

1年目には、入学金も納めなければなりませんので、初めの年はだいたい100万円以上の学費が必要になってくると思われます。

奨学金

法科大学院は、一般の大学を卒業してから進む方も多いため、どうしても学費の準備はなかなか大変と言えますね。

そういった場合のために、それぞれの法科大学院が奨学金を出していたり、また成績が優秀だった者に対しては、学費の免除を設けているようです。

法科大学院が独自で奨学金制度を準備している場合も多く、その点は直接学校に問い合わせてみるのも一つの手です。
また、入学試験において成績が優秀だった人には、学費を半分、または、全額免除するところもあります。

また、こういったものの他に、銀行などが行っている教育ローンを利用することが出来る学校もあるようです。

志望校を決定する際に、こういった制度を調べて、志望校を決めるのが賢い方法だと思います。ぜひ利用して、ご自分の希望を叶えてください。


この記事をシェアする